士業の経営コンサルタント・お役立ちコンテンツサイト
注目キーワード
経営ビジョン

会社を見る目トレーニング 3
 
マネーの動きB/S編
 
投資家の目線で見た「マネーの動き」
・会社はマネーを提供している株主のもの
・株主のマネーを増やしてあげなければならない

まず株主からお金を集めるそれが資本になる
そしてその資本を使って資産に変える
次に資産を使って稼ぐ
その結果、利益を作り
その利益を株主に配当という形で分けたり
資本を大きくし企業力を高めるためや来期のために利益を残す。

会社や経営の目線でいうと
企業はビジョンや理念をもとに5年先や10年先のストーリー(戦略)を立てます。
経営者はこの戦略に従ってビジネスモデルつまり、儲ける仕組みを考えます。
この儲ける仕組みというのは
・顧客価値
・利益
・プロセス
からなっている

そこに資本を使って何をするかを考える。
どこに投下するか何に投下するかを考える

そして投下した資本を資産に、そして売上や利益を生んでいく。
またここで生まれた利益をもとに
新たな資本を厚くし、新たなビジネスモデルに組み替え、新たな戦略を考える。

つまり
銀行や株主から集めてきた負債から設備や店舗などの資産や財産を買い、それを使って仕入れ代金や給料といった費用や出費を出し、客を獲得して収益や売上を増やす。結果、増えたお金利益が新たな資本となり、そこから立派な設備や新しい店舗といった資産や財産と購入する。

まず
上の二つ

負債・資本
資産・財産
を記したものは、B/Sバランスシート(貸借対照表)といい
まずはB/Sバランスシート(貸借対照表)を見ていきます。
調達と運用を表しているものです
B/Sは期末決算で出すためその時の瞬間時点の状態を表します。
それを前年度などと比べて判断します。
どの部分がどのように変化しているかを比較します。

どのように調達したか
・負債
・資本
どのように運用するか
・資産

 

そして利益を生んで
その利益を使って新たなイノベーションや成長をし
あなたが描いたビジョンに向かっていく。

あなたの経営をサポートします。

経営ビジョン
最新情報をチェックしよう!

経営の最新記事4件

>少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。


私たち中小企業診断士(経営コンサルタント)は日々学び続けます。
より良いパートナーで居たい、居続けたいというただそれだけです。
ここで書いてある内容は私たちが日々業務やその中で気づきから、
読むことだけでも改善できることがあるのではないだろうかという思いで書いています。

今よりもっと少しでも皆さんのお役に立て、頼りにされる
そんなパートナーとなれることが私たちの希望です。
必要であればいつでもお問い合わせください。
何が問題かわからないときでも一緒に解決していきましょう!

CTR IMG
士業の経営コンサルタント・お役立ちコンテンツサイト